WordPressテーマをJINからSWELLに変更SWELL公式サイト

免疫力を高めたくなる4つのポイント

すすむくん

そもそも、良く耳にする「免疫力」ってなんでしょう?

らいふちゃん

んー!

人体に対して、ウイルスとか

異物が入ってきたらやっつけるものっていうイメージですかね!

風邪を引いたら免疫力で治そう!みたいな

病気したら免疫力が下がっているなとか

そういう時に「免疫力」のワードは使いますよね

健康のススメ的に言うと

自然(自己)治癒力の2つ目に当たります!

免疫力は、自己防衛(生体防御)機能のことを言います

ざっくり定義すると

免疫力=「病原菌などの異物の侵入、変質した自己細胞(がん)などを殺傷して体を守る力(チカラ)」ということになります

らいふちゃん

免疫力ってすごいんだね!

でもさ

もくじ

免疫力はオート(自動)で防御力マックスなら最強!

すすむくん

いやこれすごいことなんですよ

自動で機能していて

防御力最強!ってとても心強い

ディフェンス機能だと思いません?!

自動的に外からの攻撃

(気づかない物の方が多い)や異物があっても

排除したり、闘ってくれています

ありがたいですよね

免疫力は一人ひとりにとって

とても優秀なSPであり、ボディガード

24時間365日年中無休

寝ててても、働いてくれています

給料なしでです

免疫力のおかげ様4選

  1. 口内炎は1つのサインかも
  2. 花粉症は冷え対策で
  3. 日本人に多いせき喘息の克服
  4. 帯状疱疹は黄色信号
すすむくん

免疫力のおかげで

風邪の症状からがんまで

幅広く闘ってくれています!

今回は、この4つの切り口で解説します!

①口内炎は1つのサイン

口内炎って出来たら痛いですよね!

らいふちゃん

ほんまにそう!

(関西弁?)

舌に出来てみたり、

奥歯の方に出来てみたり、

食事するときとか当たると、

本当に泣けます(涙)

いろいろな段階があって、小さいときとか、

すでに穴が開くほどだったりとか、

私も「頼むから小さくなってくれ」と思ったりします。

口内炎は、口の中の粘膜に起きる炎症のこと

免疫力の低下、栄養不足、不衛生な口の中

唾液分泌量の減少が要因と言われていま

要因の逆のことを意識すれば、

免疫力アップにつながるかと思います

例えば、口の中を清潔に保つこと

ビタミンB2、B6、Cを積極的に取って

バランスの良い食事をすること

当たり前のようですが

睡眠時間をたっぷり取って

ストレス軽減をすること

などが大切です

チョコラBBなどには、ビタミンB2、B6が入っています!

ビタミンCは別のもので取りましょう

https://aiueolife.com/vitaminc-recommend
すすむくん

口の中という意味で言うと

口は消化器の始まりでもありますので

食べすぎに注意して

胃腸の調子を整えると良いみたいです

②花粉症は冷え対策

春先近づいて、花粉がひどいっ、

秋口も辛いっ、いつも大変って方もいるかもです。

花粉症対策には、まずは自分の体を知ることが大事です

なんでかと言うと

花粉以外のハウスダストやダニだったり

風邪に似た症状が出ることもあるからです

くしゃみとか、目の痒み、さらさらな透明な鼻水なら

だいたいは花粉症です!

花粉症の種類は多く、春先のスギ花粉の後

ヒノキは5月ごろまで続きます

その為には

花粉が飛散する前に体調を整えて

体質改善を心がけると

症状が軽くなっていきます

体質改善の基本は、口内炎の時も同様ですが、

睡眠時間は6時間以上取るようにすることが大切

なるべく嗜好品(飲酒、喫煙、コーヒーなどは粘膜の炎症を悪化させる要因になります)を控えましょう

花粉症の悪化を防ぐには

自律神経のバランスを崩すストレスと、

冷えを克服することが最重要

ちなみに、

体温が1度上がると免疫力が約30%増すというデータもあります

③日本人に多いせき喘息の克服

せき喘息は、非アレルギー性の喘息ですが

家庭でできる対策法は「アレルギー性の喘息」にも

効果があるみたいです

まずは、過労を避け、ストレスをためないことが挙げられます

上記の2つもストレスは大敵でしたね

感染症に気をつけること

例えば、インフルエンザなどにかかると

気管支の粘膜の炎症が悪化してしまうので

やはり免疫力をアップさせる必要がここにもあります

たばこや過度の飲酒は言うまでもないですね

あとは、お部屋を良く掃除して、ハウスダストやダニ

ペットの毛などを減らしてアレルゲンカットです

④帯状疱疹は黄色信号

帯状疱疹って聴き慣れないですが

なったことある中高年の方は「しんどかった!」

っていう印象があると思います

少し解説すると

痛みを伴った皮膚病で

カラダの片側に起きる強い痛みと

痛みがある部分にできる帯状の赤みやブツブツ、水膨れが特徴です(辛そう、、)

帯状疱疹っていうのは

子供の頃にかかった水疱瘡のヘルペスウイルスが

免疫力の低下によって出てきたものなんです

ウイルスなので感染性はありますが、

大人には抗体があるのでうつることはありません。

けれどもですよ!

水疱瘡にかかったことのない子供には、

帯状疱疹の大人が接触することでうつる場合があります。

このウイルスはいつ復活するかというと

「今でしょ!」(なつかしっ)ではなくて

ウイルスは神経の細胞が集まるところに潜んでいますので

免疫力が低下した時に出てきてしまいます!

女性の方で、体力や免疫力が低下する50歳以上

水疱瘡は反対に夏場に発症しやすいので要注意です

顕微鏡サイズでも一生懸命バトルしてる

ある研究のことですが、マウスにがん細胞を移植してから衰弱しきったマウスを準備します

すすむくん

(可哀想なのは仕方がない、、)

そのマウスのがん細胞部分だけを切り取って顕微鏡で見ている時に

らいふちゃん

なんと死にかけたマウスの体内で

リンパ球ががん細胞と戦っていたことが分かりました!

これは、誰から命令された訳でもなく

最後まで諦めずに戦う

リンパ球の姿がそこにあったという研究結果だったんだって!

すごいです

何も意識せずとも、頑張ってくれているリンパ球!

リンパ球は白血球の1つ

まとめ

すすむくん

【免疫力高めたくなる】まとめします!

  1. 口内炎は1つのサインかも
  2. 花粉症は冷え対策で
  3. 日本人に多いせき喘息の克服
  4. 帯状疱疹は黄色信号

免疫力を高めたくなる4つのポイントで、割と身近なものから確認しました!

らいふちゃん

知っておくことで、自己防御力爆上がりです!

自然治癒力の3つの機能
  1. ホメオスタシス(恒常性維持機能)の崩れを修復
  2. 自己防衛(生体防御)機能=免疫力
  3. 自己再生(修復・再生)機能

これらが常に水面下(自動的に)で働いていることで

病気になりかけた体を本来の状態に治す働きをしてくれています!

今回は2つ目の自己防衛(生体防御)機能が

「免疫力」でしたね!

すすむくん

1つ目の【ホメオスタシス】

恒常性はこちら↓

https://aiueolife.com/2organs-closely-related-to-homeostasis/

我が家の食事の献立はこの免疫力アップ本からできています

もくじ
閉じる