WordPressテーマをJINからSWELLに変更SWELL公式サイト

iMovieで歌詞付き・カラオケ動画を作成【Keynoteとの併せ技で歌詞入れ】

悩む人

iMovieで動画編集やってみてるけど、YouTubeとかによくある「歌詞動画」ってどうやって作るの?

MacBookに元々入ってる無料の範囲で、無課金で作業したいです。

今回は、歌詞動画をiMovieで作ってみたい、というリクエストにお応えします!

あいうえおLIFE

歌詞動画は、黒い透明背景に、白いテキストでテロップ入れされてる感じのですよね。

課金沼に入ることなく、iMovieとKeynoteの二刀流で作成していきます。

作成イメージはこんな感じ(秦基博さん鱗カバー自作動画)

この記事はこんな方に
  • 歌詞動画つくりたい!
  • iMovieで動画編集している
  • iMovieのテロップ入れだと欲しい位置にこなくて困る
  • YouTubeでオシャレに歌詞入れしてる動画風にしたい
  • 無料の範囲でやりたい

※MacBookですと、いろいろな編集が自由自在で、iPhoneユーザーなら併用がおすすめです

MacBook持つなら、下記の13インチが使いやすくて、持ち運びも楽。

本記事は「iMovieで動画編集して、歌詞動画作りたい人」に役立つ内容です。

ファイナルカットプロで動画編集している方は、下記の記事もみてください。

もくじ

準備

3つの理由

つくりかたイメージ

動画ファイル(もしくは音声ファイル)に、文字以外は透明にしているテロップスライドを重ねて表示する

下記のような感じ↓

  1. iMovie
  2. Keynote

MacBook買ったら必ず無料で使える、上記2つのソフトで作成していきましょう。

①iMovie

  • 本体の動画ファイル(もしくは音声ファイル)
  • YouTubeアップ用のサムネイル(必要あれば)

②Keynote

  • 歌詞のテロップスライド(png形式)

今回の歌詞付き動画は、Keynoteでのテロップ作成がポイントです!

作成の手順

どんな人におすすめ
STEP
Keynoteでのテロップ作成

スライドのテーマを選択する

基本→ベーシックホワイト→ワイド(16:9)を選択

図形→基本→正方形を選択

【図形】を、歌詞テロップ表示したい部分へ移動させて、引き伸ばす→スタイルを選択して、黒(図形の色変更)を選択

スタイル→不透明度を80%〜100%にして、テキストの入力で、歌詞を入れていく

  • テキストのカラー変更→黒から白に
  • テロップの装飾(お好みで)
  • テロップをドラッグしてハイライトさせる→歯車マークを押して、【アウトライン】の選択
  • 見やすさでは【シャドウ】<<【アウトライン】がおすすめ!
  • 【アウトライン】のカラーはお好みで、幅は1ptがおすすめ!
  • あとはひたすら歌詞テロップを作成する
  • 全部作成できたら、【背景】→【塗りつぶしなし】を選択

ホワイトだった背景がブラックアウトされたようになります【これがポイント!】

※png形式でスライドを書き出すと、ブラックアウトした部分が透明になって、歌詞テロップの部分が本体の動画にきちんと表示されます(下記動画参照)

書き出す

【ファイル】→【書き出す】→【イメージ】→【フォーマット】→【PNG】→【透明は背景で書き出すにチェック】→【次へ】選択

Keynoteでの歌詞テロップ作成は以上です!

STEP
iMovieでの作成
  • 本体の動画ファイル(もしくは音声ファイル)をタイムラインに並べる
  • 作成した歌詞テロップスライドをタイムラインに並べる
  • 歌のタイミングに合わせて、歌詞テロップの表示の長さやタイミングを調整する
  • 歌詞テロップと歌詞テロップの間はしっかりと詰めておくと見栄えよし

\ 基礎から応用まで /

メールアドレスとパスワードの簡単登録

歌詞テロップ以外にもテキスト入力可能!

まとめ

ここまで頑張って作成してきましたね!

あいうえおLIFE

動画ファイルと歌詞はバッチリタイミング合って、再生されてますか?

おまけですが、動画ファイル+歌詞テロップに更にテキスト入力可能です↓↓

【歌詞を間違えてしまった!】ってなことがあれば、iMovieの編集画面からつっこみをいれることができます!笑

※無料のiMovieは重ねられる限界があります

有料のFINAL CUT プロ Xは、何枚でもレイヤーを重ねられます

まとめ|歌詞付き動画で再生数アップに貢献!

結論とまとめ

以上、iMovieと、Keynoteを併用しての、無料範囲で、歌詞付き動画を作成していきました。

無料範囲でも充分見栄え良く作成できます。

YouTubeでも歌詞付き動画の方が、聴いてても見ていても、気持ちが良いですよね!

歌詞付き動画作成のデメリット

単なる【動画撮影】→【音量調整】→【アップロード】に比べるとひと手間増えます。

歌詞付き動画作成のプロセス

【動画撮影】→【音量調整】→【歌詞テロップ作成】→【歌詞テロップ併せる】→【アップロード】

あいうえおLIFE

手間を惜しまず作成すると、愛着も湧きますね!

これからの動画編集などにお役に立つと嬉しいです。

今日は、ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

\ 基礎から応用まで /

メールアドレスとパスワードの簡単登録

もくじ
閉じる