メニュー

MacBookを10万以下で買う方法【Windowsも設定済みがおすすめ】

MacBookを10万以下で買う
Designed by Dooder / Freepik

MacBook10万以下で買いたい人

パソコンでできる副業を始める前に、MacBookを安く購入したい。

10万以下で購入する方法が知りたいです。

あいうえおLIFE

今日は「お悩み解決に役立つ内容」をお伝えしていきますね。

実際に、ぼくも2018年にMacBook2017モデルを9万円税込で購入しました。

2017MacBook12インチ
引用:Apple

MacBookとは?

Appleが販売しているスタイリッシュな高性能ノートパソコン「MacBook」。勉強や仕事での文書作成はもちろん、動画編集やイラスト制作といったクリエイティブな作業にも使われています。

引用:mybest Macノートおすすめ情報サービス

よくある方法では、「Appleの整備済み製品」で買うことが推奨されたりします。

とはいえ、ぼくはWindowsも設定されている、損せず高品質で使い回しの良いMacBookを選びました(理由は記事内で紹介:クリックすると見出し箇所までジャンプします)。

結論からいえば、MacBookをお得に賢く、10万円以下で買うには「Yahoo!オークション(以下ヤフオク!)」で中古購入をすることをおすすめします。

ヤフオク!とは?

ヤフオク!は、お店にないものも見つかる 日本最大級のネットオークション・フリマアプリです。

引用:ヤフオク!

本記事を読むことで、パソコンでできる副業をMacBookで挑戦したい人に向けて、Yahoo!オークション(ヤフオク!)でお得に賢く、10万円以下で購入する方法を紹介します。

iPhoneユーザーなら、相性はバッチリなのでぜひ購入してみましょう。

今日はどうぞ最後まで、お読みくださいね。

記事を書いた人

あいうえおLIFE笑顔
  • 「副業スキルで複数収入」がテーマ
  • 楽天銀行・楽天カード・楽天証券・イオン株・SWELL・UQモバイル・複数ASP愛用者
  • 2サイト合計最高月間1万5,000PV
  • ブログ収益:3万〜4万円 / 月

記事を書いた人

あいうえおLIFE笑顔
  • 「副業スキルで複数収入」がテーマ
  • 楽天銀行・楽天カード・楽天証券・イオン株・SWELL・UQ・ASP愛用者
  • 2サイト合計最高月間1万5,000PV
  • ブログ収益:3万〜4万円 / 月
タップできるもくじ

ヤフオク!でMacBookを中古で10万円以下で購入する方法

オークションで買う
Auction vector created by storyset - www.freepik.com

冒頭では、単なるMacBookとしてだけではなく、Windowsも合わせて使える設定で出品されている商品がおすすめです、と言いました。

あいうえおLIFE

理由は、仕事などでWindowsのオフィスソフトも使いたいときに便利で、購入した選択を後悔しないから。

なぜMacBookでWindowsが使えるのか?

Boot Campの機能で、Windowsをインストールでき、起動時にoptionキーを押すとWindowsが選択できるようになります。

引用:Apple

事前にWindowsも動かせるMacBookを探しておくと、お得に良品と出会えますよ。

検索の手順

  1. ヤフオク!の検索窓で「MacBook Windows」と検索
  2. 検索条件で「価格:〜82,999円」をクリックして、「即決価格」で絞り込みをする
  3. タブを「おすすめ順」から「価格が高い順」に変更する

①:ヤフオク!の検索窓で「MacBook Windows」と検索

ヤフオクMacBook中古
①:ヤフオク!の検索窓で「MacBook Windows」と検索

②:検索条件で「価格:〜82,999円」をクリックして、「即決価格」で絞り込みをする

検索条件価格変更と即決価格
②:検索条件で「価格:〜82,999円」をクリックして、「即決価格」で絞り込みをする

③:タブを「おすすめ順」から「価格が高い順」に変更する

タブをおすすめから価格高い順に
③:タブを「おすすめ順」から「価格が高い順」に変更する

2022年7月22日現在で、76件が該当しました。

選び方は、年式は2017年か2018年より新しいもの、メモリは4GB以上で、HDD500GB以上かSSD256GB以上を探しましょう。

下記画像は参考ですが、Windowsのインストールに関してはオプションになる出品者もあれば、すでにインストール済みでマイクロソフトオフィスもインストール済みという神設定も。

MacBookおすすめの例
MacBookおすすめの例

根気よく探すことが大事ですね。

気をつけるべきポイント

気をつけるべきポイント
Designed by Dooder / Freepik

ヤフオク!で「MacBook Windows」と検索して、Windowsも設定された高品質MacBookを中古で探す際の「気をつけるべきポイント」を3つ紹介します。

①:一見魅力的でも年式が古いモデルをハイスペックに見せている可能性

MacBook Pro 13インチ(A1278)とだけ情報が掲載されていて、実はググってみると「2012年モデル」のMacBook Pro。

表向きよく見せていることもあるので要注意。

古くても、4年前が限度かと。

②:バッテリーの充電回数が多い

すでに1,000回以上超えていたりすると、充電しながらでないと使えないようなバッテリー持ちになる可能性あり。

下記画像は参考ですが、充電回数257回ということで、摩耗しきっている様子ではないということになります。

バッテリーの状態は回数
バッテリーの状態は回数

ときどき予算を上げていくと、バッテリー新品に交換済みという商品も売られています。

③:入札前に出品者情報をよく見る

特に、総合評価の件数や、良い評価のパーセンテージ(%)をチェック(下記画像)。

出品者情報を見よう
出品者情報を見よう

口コミも見て、「悪い評価」がつけられている出品者だと、訳あり商品を購入してしまうので注意しましょう。

まとめ | ヤフオク!で「MacBook Windows」と検索してみよう

検索しよう
Designed by rawpixel.com / Freepik

今回は、パソコンでできる副業を始める前に、MacBookを安く購入したい人に向けて、さらに10万以下で購入する方法を紹介しました。

あいうえおLIFE

結論からいえば、ヤフオク!の検索窓で「MacBook Windows」と検索して、Boot Campの機能で、Windowsがインストールされたモデルを選び、価格帯で絞り込んでいくことでしたね。

そして、気をつけるべきポイントは下記の3つでした。

気をつけるべきポイント

  1. 一見魅力的でも年式が古いモデルをハイスペックに見せている可能性
  2. バッテリーの充電回数が多い
  3. 入札前に出品者情報をよく見る

以上を踏まえて、単なるMacBookとしてだけではなく、Windowsも合わせて使える設定で出品されたMacBookを10万円以下で落札して、パソコンでできる副業をかっこよく始めましょう。

今日は最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

タップできるもくじ