健康のススメ

登録販売者資格を最短合格【本より動画派向け】YouTube講座まとめ

こんにちは!医薬品登録販売者の合格サポーターあいうえおLIFEです!

この記事は登録販売者最短合格を目指したい方をサポートし、応援するべく作成しました!

こんな方におすすめ
  • 登録販売者の資格本で勉強するより動画派
  • 量をこなしたいから聞き流しで勉強したい
  • YouTubeに講座動画あるけど目的別で学習したい

ポイントは効率よく量をこなしていくことが大切です。

動画の主な出典元
  • 石川達也先生
  • チャンネル登録者数 8960人(2020/04/19現在)

すばらしくまとめてくださりありがとうございますm(_ _)m

↓厚生労働省の試験問題作成の手引書はこちら

第1章 医療薬品に共通する特性と基本的な知識

1,医薬品の本質

医薬品の本質

2,医薬品の効き目や安全性に影響を与える要因

医薬品の効き目や安全性に影響を与える要因

3,適切な医薬品選択と受診勧奨

該当なし

4,薬害の歴史

薬害の歴史

第2章 人体の動きと医薬品

1,人体の構造と働き

その1

その2

その3

その4

その5血液

その6腎臓

その7

その8皮膚

その9神経

2,薬の働く仕組み

その1

その2時間と濃度

3,症状からみた主な副作用

症状からみた主な副作用

第3章 主な医薬品とその作用

1,精神神経に作用する薬

その1

その2

2,呼吸器官に作用する薬

その3

その4

その5

その6小児・疳の薬

その7うがい薬

3,胃腸に作用する薬

その8胃の薬

その9腸の薬

その10胃腸鎮痛鎮痙薬

4,心臓などの器官や血液に作用する薬

その11強心薬

その12高コレステロール改善薬

その13貧血用薬

その14その他の循環器用薬

5,排泄に関わる部位に作用する薬

その15痔の薬

その16その他の泌尿器用薬

6,婦人薬

その17婦人薬

7,アレルギー用薬(鼻炎用内服薬を含む)

その18アレルギー用薬

8,鼻に用いる薬

その19鼻に用いる薬

9,眼科用薬

その20眼科用薬

10,皮膚に用いる薬

その21皮膚に用いる薬(消毒成分)

その22皮膚に用いる薬(痛み等を抑える成分)

その23皮膚に用いる薬(かさつき等を改善する成分)

その24皮膚に用いる薬(抗菌成分)

その25皮膚に用いる薬(抗真菌成分)

その26皮膚に用いる薬(頭皮・毛根に作用する成分)

11,歯や口中に用いる薬

その27歯痛・歯槽膿漏薬

その28口内炎用薬

12,禁煙補助剤

その29禁煙補助剤

13,滋養強壮保健薬

その30滋養強壮保健薬

14,漢方処方製剤・生薬製剤

その31漢方処方製剤・生薬製剤

15,公衆衛生用薬

その32公衆衛生用薬(消毒薬)

その33公衆衛生用薬(殺虫剤)

16,一般用検査薬

その34一般用検査薬(採尿)

第4章 薬事関係法規・制度

1,医薬品の販売業の許可

その1医薬品・医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律

その2一般用医薬品・要指導医薬品と医療用医薬品

その3毒薬・劇薬・生物由来製品・リスク区分

その4容器・外箱・添付文書等への記載事項

その5医薬部外品・化粧品

その6保健機能食品等

その7医薬品の販売業の許可

2,医薬品の取扱い

その8リスク区分に応じた販売従事者等

その9リスク区分に応じた情報提供

その10リスク区分に応じた陳列等・掲示

3,医薬品販売に関する法令遵守

その11特定販売・その他の遵守事項等

その12適正な販売広告・販売方法

その13行政庁の監視指導・苦情相談窓口

第5章 医薬品の適正使用・安全対策

型をつけよう

1,医薬品の適正使用情報

その1添付文書・製品表示の読み方

その2製品表示の読み方

その3安全性情報など・その他の情報

2,医薬品の安全対策

その4医薬品の安全対策

3,医薬品の副作用等による健康被害の救済

その5医薬品による副作用等が疑われる場合の報告の仕方

その6健康被害の救済

その7医薬品副作用被害救済制度等への案内

4,一般用医薬品に関する主な安全対策

その8一般用医薬品に関する主な安全対策

5,医薬品の適正使用のための啓発活動

該当なし

特別編:平成30年3月【手引き】の改定

3つのコンテンツ

平成30年3月【手引き】の改定解説

» 登録販売者合格を全力サポート!

\ 合格者が無意識にやっている『30の秘密』 /

こちらも読まれてます