カテゴリメニュー
サイトのカテゴリー

sponsored link

SWELLテーマのガチレビューはこちら記事を読む

【コブクロ・小渕健太郎さんの使用ギター】MartinやTaylorが大好き!

小渕健太郎ギター

コブクロの小渕健太郎さんが使用しているギターを教えて欲しいです。

ギターの特徴や、小渕さんの曲とギターのエピソードもあれば聴きたいな。

あいうえおLIFE

今日は、こんな疑問にお応えしていきます。

参考動画はこちら
小渕健太郎さんギター紹介

観るだけで、うっとりしてしまうギターたち。

本記事では、小渕健太郎さんのギター紹介を下記のように2種類に分けました。

レコーディング用
  • ①D-45
  • ②Martin D-42
  • ③Taylor GSST
ライブやステージ用
  • ④Taylor GA8
  • ⑤D-45(ライブ用)
  • ⑥Martins OM Negative
  • ⑦Martin D-28
  • ⑧Seagull NE AT AC1.5T
くろーむ

小渕健太郎さんがストリートライブで使ってのは、なんと「●●」!!

どうぞ最後まで、お読みくださいね。

もくじ
運営者:あいうえおLIFE
こんにちは

①:Martin D-45

Martin D-45

小渕健太郎さんが、1番最初にヴィンテージもので手に入れたのがD-45。

マーチンギター最高峰のアコースティックギターです。

レコーディングでも頻繁に使用する愛器。

「レザーチェック」と言われる、ニスが割れてて、経年劣化あるも、コンディションは凄く良いまま残ってたので、楽器屋さんで見つけて購入されました。

「桜」をリリース(2005年11月2日)前ということで、今から15年以上前。

魅力:鳴らした音が響き続ける=サスティーン

小渕健太郎さん曰く、上記の現象は「もう奇跡なんです」と。

作りがちゃんとして、木も乾燥して響きが邪魔しない状態で残ってるかって言うのがポイント。

あいうえおLIFE

良いギターかどうかは、Aadd9のコードを、いつもギター屋さんに行って弾くみたいです。

前から音が聴きたいということで、親指で押さえて前から聴いています。

ポイント:親指1本でAadd9コード押さえて、サスティーンを確かめる

②:Martin D-42

外に拡がってゆく豊かな響きと、華やかな中高域、音楽的バランスに優れたギター。

指板のマークが「Martin D-45」と似ていますが、D-42はスノーフレークという指板マーク。

40番台でもっとも古いスタイルは、1898年頃に仕様が確定した42で、トップとトップ上の指板、サウンドホールの周囲にアバロンのインレイを施し、指板のポジションマークにはスノーフレークと呼ばれるシックなデザインが採用されている。その上位にあたり、現在に至るまでレギュラー・モデルの最高峰であるスタイル45は1904年に追加され、トップはもちろん、サイドやバック、ヘッドの周囲にもアバロンのインレイが施されている。

https://www.digimart.net/magazine/article/2016083002165.html

小渕健太郎さんは、Million FilmsでD-42を弾いています。

Million Films

上記の公式チャンネルのPVを見ると、Gibsonのアコースティックギターです笑。

動画の紹介の流れからすると、レコーディングではMartinのD-42だったということでしょう。

「ここにしか咲かない花」は6カポにしてD-42で演奏。

https://www.ufret.jp/song.php?data=351

上記のU-FRETの簡単コードでは、4カポでキーが「D」ですが、動画では6カポの「key=C」で弾いています。

③:Taylor GSST

https://www.tcgakki.com/sp/items/?pk=000457

2000年に100本限定生産された、国内では滅多にお目にかかれないギター。

亀が2匹、インレイが彫ってあって、メイプルという材質で、海辺のさざなみみたいな感じだったので、バックに亀やクラゲを追加。

Roadmadeのアルバムで、でっかいのとちっちゃい亀がアルバムのジャケットにいます。

あいうえおLIFE

小渕健太郎さんも亀のインレイに「ご縁だなー」って思って弾いてみた、感想が下記。

Taylor GSSTの魅力:飛び出すような音が出る

\ 1ヶ月からのレンタルあり! /

1,149円/月〜

④:Taylor GA8

https://www.taylorguitars.com/guitars/acoustic/ga8

ここからは小渕健太郎さんのライブ用ギターの紹介です。

全音域において、バランス良い音を響かせる。最もTaylorらしい音をサウンドをもつギター。

あいうえおLIFE

小渕健太郎さんは、木目のカッティングシートで、5296のカタチを自分で作っちゃいました。

https://youtu.be/TaaGSoVWWIY
くろーむ

こちらの方も、GA8ギターに「5296ピックガード」自作された模様。

これはノーマルのGA8です。ピックガードはコブちゃんの物をコピーして作りました。丁度応募の時期はD-45を購入しようかしたかだったと思いますので、見送っていました。でも、やはりTaylorが気になっていたので、購入するときは必ず試奏してから、と思っていたので応募ではなくノーマルの1本にしたわけです。

https://www.youtube.com/watch?v=TaaGSoVWWIY コメント欄

「YELL 〜エール〜」弾いたり、ツアーでも大活躍のTaylor GA8!

そしたらTaylor社から連絡がきて、シグネイチャーモデルの依頼がきました。

https://www.digimart.net/cat2/shop5084/DS06935090/

高級な凹凸のあるピックガードをオリジナルで作ったのが、Taylorの小渕モデル。

オリジナルには、コブクロのインレイが裏に刻印。

Taylor LTD K-52 214e
  • 限定350本製作
  • ピッチ(音程)がいい
  • ズレてきてしまいやすいオクターブなんだけど、どのフレットでも弾きやすい。

上記が「GA8」にオリジナルのピックガードつけた小渕健太郎さんをシグネチャーしたモデル:「LTD K-52 214e」の特徴。

⑤:D-45(ライブ用)

弾き語りすと♪LABO

小渕健太郎さんは「D-45」を2本所有していて、ライブ用はピックアップがついてる仕様。

下記のような、マグネティックタイプのピックアップをつけていました。

叩いたりした音を集音することも可能。

ルーパーで色々な音を録音して、ベースやドラムなどのパターンも再現しています。

あいうえおLIFE

小渕健太郎さん曰く、「こんなすごくいいギターを荒っぽく使ってるけど、ツアーで何百曲も弾いてるんで」と、絶賛。

⑥:Martins OM Negative

http://ryuandm.blog.fc2.com/blog-entry-83.html?sp

普通のギターの色使いを反転させたギター。世界60本販売限定の希少なもの。

写真を撮ってネガポジ反転すると、普通のギターの色に。

くろーむ

黒いところが白くて、白いところが黒いって不思議なギターだけど、きっかけがあって、「Martins OM Negative」で蕾を弾くようになったみたい。

下記サイトに白黒反転っぽいJ-45の記事がありますよ。

あいうえおLIFE

小渕健太郎さん曰く、このギターでは「蕾」と「遠くで」しか弾かなくなった、と。

もくじ
トップへ
もくじ
閉じる