健康のススメ

患者力アップにしたい3つのこと

すすむくん

健康のススメということでまず初めに読んでいただきたい記事です!

学問のススメのように、何かを志すきっかけになると嬉しいです。

らいふちゃん

タイトルの「患者力をつける」って何?

どういう意味?患者としてのパワー?

日本の医療の現状も踏まえつつ、あるべき医療や健康について向き合ってみましょう。

現代は、病院がとても増えました。

医療技術の発展により、平均寿命も大きく向上しています!

何かあれば病院にかかればいいやという意識では「完全にお任せ状態」になってしまいます。

そればかりか、超高齢社会に突入し、病院にかかる人数も絶対的に増えています。

医療費は、1割負担、2割負担、3割負担ですので、自ずと社会保障費も増え続けているのが現状なんです

それで何をすべきかです!

患者力アップしないとお任せ医療で日本が滅びる!

いきなり強烈気味なこと言いましたが、でもそういうことです!

すすむくん

日本はただでさえお医者さん信仰がめちゃくちゃ強いのです。

らいふちゃん

確かに相対的に日本の医療は進んでるけど、サプリメント大国アメリカなどに比べると、全然違うよね。

すぐ医者にかかる傾向があるのが日本人っていうイメージは強いかも。。事実そうか!

すぐ病院行こっかという人をなるべく減らさないと、どんどん社会保障費ばかり増えていってしまいます。

社会保障費は右肩上がりですよね。

「自分の身は自分で守る」という自覚と自力を持った「病院に行かない患者」になりたいですね!

患者力アップの3つのアクション

3つのコンテンツ

明日から、いや、今日からやってみましょう。

  1. 予防医療の簡単な基礎知識を得ておく
  2. もらった処方箋の内容は確認しておく
  3. なるべく薬を減らす方針の専門医やかかりつけ医と出会う

まずは、基本的な姿勢としてなにか不調があったらすぐ病院行こうというのではいけませんよね

病院やお医者さんの前では私たちは患者のポジションですが、全て言われるがままなすがままでは患者としての知識や自力がつきません。

いつも他力本願状態になってしまいます

①予防医療の簡単な基礎知識を得ておく

医学にも2種類あります。

東洋医学と西洋医学では、同じものごとを違った角度や捉え方で把握しています

日頃、どちらの方が接する機会が多いでしょうか?

西洋医学ならば

スナイパーのように1つの症状に1つの薬が出ます。狙い撃ちします。

東洋医学ならば

症状よりも体質などを把握して、多角的な働きをもつ漢方など(組み合わせたもの)が出ます。

例えば、西洋医学も3つの観点、東洋医学も3つの観点で捉えると良いと思います

西洋医学でいえば

  • 「循環器系」
  • 「筋・骨格系」
  • 「腸内環境」

という3つの観点です。

東洋医学では、「気」「血」「水」の3つの観点です。

様々な病気がありますが、「ミクロ」で見るか、「マクロ」で見るかという具合です。

②もらった処方箋の内容は確認しておく

すすむくん

もちろん薬にはメリット(本来期待している作用)の裏にデメリット(本来願わない作用)があるのはご存知だと思います

らいふちゃん

花粉症のお薬を例にしても種類はたくさんあるけど、眠たくなる成分とかってあるよね

メリットとしての働きには、その代償がつきまとうように、必ずデメリットがあります。

  • かゆみや、花粉症という症状は名前は違えど、出てくるお薬は同じような作用だったりもします。
  • 先ほどの循環器などのお薬の働きの裏にも、デメリットとなる作用があります。

(また別のところで詳しく書きます)

③なるべく薬を減らす方針の専門医やかかりつけ医と出会う

すすむくん

ぼくは医薬品登録販売者として、地域医療に役立つポジションで仕事をしています。

あいうえおLIFEのサポーターでもあります。

らいふちゃん

(あいうえおLIFEサポーターは自分で名付けて、自分で名乗ってるんだよね笑)

そうしますと、日々いろいろなお話を聞きます。

医者さんや病院にかかる患者さん(地域の方々)のお話を聞くことが多いです

街(郊外)の方の病院と、田舎の病院では、対応や方針が異なることを肌で感じることがあります!

患者さんが悩みや、症状を言うたびに「じゃあ、薬出しときますね」というお医者さんのタイプは田舎の方のお医者さんに多い傾向があります。

(すみません、あくまでも傾向です)

反対に郊外の病院では、

  • 検査数値などを見て、進捗具合によって、「いったんこのお薬は減らしておきましょう。やめてみましょうか」と提案してくれたりします。
  • 薬の持つメリットやデメリットも説明して、その上で「どうしますか?飲まれますか?」と委ねてくださるお医者さんもいます

街が良い、田舎が良い、という訳ではありません

一方的に「死ぬまでこの薬は飲まないといけない。飲んでるからこれくらいで収まっている」と毎回言われるようであれば、少し場所を変えてみる必要もあります

なにが大変?どうする?

休校になって

そもそも日本で患者さん増えすぎたらどうなるでしょう?

病院もお医者さんも看護師さんも手が回らないですよね。

動けなくなって、施設にでも入れば、なおさら介護する側も人手不足になります。

働き手の人口が減っているのも危惧されるところです。

やはりできることは身近なところからです!

Think Global Act Locally ですね。

まずは

私たち患者が患者としての力をつけることです。

意識改革して「自分の体は自分で守る」という自覚を持って本当に自分にはこの薬が必要なのかどうかとかこの治療以外に直す方法はないのかなどを考えてみることです。

さきほど西洋医学と東洋医学の話がありましたが、生活の上では西洋医学に接することが多いですよね。

西洋医学自体も完璧なものではないと言われてきたので、補う形で東洋医学や代替医療を行う病院も現れてきています

全てではなくても東洋医学的な考え方を取り入れていくといいですね

西洋医学も日々日進月歩で発展しています。IPS細胞の研究など、常に最新の情報や医療技術を駆使し、難病にも挑戦し続けています。

西洋医学、東洋医学、どっちかではなく、いいとこ取りでいこうと言う医療を統合医療といいます

日本では川島朗医学博士が推進しています。

私も勉強中です!(統合医療はまた詳しく解説します)

まとめ | 患者になる前に予防医療のパイオニアになろう

モンタニエ教授の報告

患者力アップの3つのアクションの実施

  1. 予防医療の簡単な基礎知識を得ておく
  2. もらった処方箋の内容は確認しておく
  3. なるべく薬を減らす方針の専門医やかかりつけ医と出会う
身につくこと
  1. 情報の取捨選択能力がつく
  2. 国の社会保障費の削減に貢献できる
  3. 自分の身は自分で守る能動的な生き方が実現できる

できることからコツコツいきましょう!

温活先生「川嶋朗」医学博士の参考書籍

女性版温活先生「石原新菜」先生の参考書籍

今日は、ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

こちらも読まれてます